【スクリーン録画ツール】ScreenFlowの使い方

スクリーン録画ツールである「ScreenFlow」を利用した「録画」「編集」「YouTubeへのアップロード」の方法を紹介します。

前準備

アスペクト比を16:9にする

以下サイトで確認できますが、YouTubeでは 16:9 のアスペクト比が推奨されています。
https://support.google.com/youtube/answer/6375112

Macは 16:10 なので、そのまま録画すると、YouTubeで表示したときに元のサイズと違うサイズで表示されてしまいます。

録画後に、編集でアスペクト比を変更することも可能です。ただ、編集の手間がかかるので、最初から 16:9 で録画しておくことをお勧めします。

Macディスプレイを調整

外部ディスプレイを利用していて、そちらが 16:9 であればいいのですが、そうでない場合、Macディスプレイのアスペクト比を変更します。

Macで 16:9 にする方法ですが QuickRes というアプリを利用します。こちらは有料で、以下サイトから購入します。
https://www.thnkdev.com/QuickRes/

mac_screenflow_aspect_mac.png

起動すると、メニューバーから解像度を変更できるようになります。Color LCDがMacディスプレイになります。

次のように切り替えて利用します。

  • 通常時
    • 1280 × 800 (16:10)
  • ディスプレイ録画時
    • 1920 ×1080 (16:9)
    • 設定で 「Show Stretched Sizes」にマークをつけておくと選択できます。

Keynoteのスライドショーを調整

Keynoteのスライドショーを録画するのであれば、下記のように設定変更しておきます。

mac_screenflow_aspect_keynote.png

[Document]-[Slide Size]からWidescreen(16:9)を選択

録画

何を録画するのか設定して録画開始

新規に録画する場合、 New Recording を選択します。ここで、何を録画するのか設定します。

mac_screenflow_record.png
No 録画対象
ディスプレイ Macディスプレイ 外付けディスプレイ
iOSデバイス Macに接続したiOSデバイス
カメラ Mac内蔵HDカメラ 外付けカメラ
マイク Mac内蔵マイク 外付けマイク
PCの効果音 操作音

例えば、「自分の顔を写しながら、スクリーンを録画したいのであれば、①と③を選択する」といった使い方ができます。

⑥をクリックすると、録画する範囲を設定できます。フルスクリーンではなく、特定範囲だけ録画したいときに利用します。

⑦をクリックすると、録画が開始されます。

編集

不要部分をカット

不要に録画された部分をカットする方法を紹介します。

mac_screenflow_edit_cut.gif
  1. 不要動画の 最初の位置 に赤線を移動
  2. 赤線の下にあるボタンをクリックして、動画を切り分ける
  3. 同様に 不要動画の 最後の位置 に赤線を移動して、動画を切り分ける
  4. 切り離された不要動画を選択して、deleteをクリック

拡大縮小

注目してほしい箇所を拡大する方法を紹介します。

mac_screenflow_edit_scale.gif
  1. 拡大を開始したい位置に赤線を移動
  2. Videoの Action をクリック
  3. Scaleを何%に拡大するか調整
  4. 表示位置を調整

文字表示

文字を追加する方法を紹介します。

mac_screenflow_edit_text.gif
  1. Textの ボタンをクリック
  2. テキスト入力
  3. 表示位置を調整

倍速、スロー再生

mac_screenflow_speed.gif

1. 端にカーソルを移動します。
2. optionをクリックすると時計マークが表示されます。
3. 縮めると速度が上がり、拡げるとスローモーションになります。

YouTubeにアップロード

最後にYouTubeに動画アップロードする方法を紹介します。

mac_screenflow_upload.gif

初めてアップロードするときは、Googleアカウントでサインインするように求められます。
カテゴリー タイトル 説明 タグ 公開設定 を入力してアップロードします。

【エンジニア向け】仕事を見つける方法

転職する

転職エージェントを活用する

転職サイトの場合、自身でサイト上から企業を探す必要があります。 一方「レバテックキャリア」 などの転職エージェントの場合、エージェントが企業を紹介してくれます。エージェントが間に入ることにより、日程調整や、条件交渉などもサポートしてくれます。

転職ドラフトを活用する

転職ドラフト」は、 企業がITエンジニアをドラフトという形で指名するサービスです。年収が最初に提示されるなどのメリットがあります。 ただ、初回登録時にレジュメ作成が必要で、すでにエンジニア経験が豊富にあるエンジニア向けのサービスかと思います。 レジュメ作成が手間ですが、自身のキャリアを見直す機会になり、他の仕事探しにも役立つはずです。

エンジニア転職保証のあるスクールを活用する

ある程度、開発経験のあるかたであれば、独学で必要なスキルを身につけることができるはずです。ただ、別業種からエンジニアに転職したい場合など、1から独学で学ぶのはハードルが高いです。そういった方は、スクールの活用を検討しても良いと思います。 「TechAcademy」は、エンジニア転職保証コースを提供しています。給付金制度の対象講座として認定されているため、金銭面の負担も抑えることができます。

フリーランスとして活動する

レバテックフリーランス」「ITプロパートナーズ」「ギークスジョブ」は、フリーランスエージェントサービスです。 エージェントによって、支払いサイトなど細かい違いはありますが、まずは良い案件を見つけることが重要です。 登録自体は無料なので、複数エージェントに登録して、より多くの案件を紹介してもらうのがおすすめです。

logo
わくわくBank.
技術系の記事を中心に、役に立つと思ったこと、整理したい情報などを掲載しています。