シンボルの作成と使い方

Sketchの魅力の1つに「シンボル機能」があります。ここでは、シンボルの「作り方」「使い方」「編集」といった基本的な操作方法を解説します。さらに、シンボルの画期的な機能である「オーバーライド」についても確認していきます。

シンボルの作り方

365_sketch_symbole_create.gif

1. シンボル化したいレイヤー or グループ or アートボードを選択します。

2. Create Symbolツールでシンボルを作成できます。Symbolsページに作成したシンボルを送るようにチェックをつけておきます。

3. Symbolsページで作成されたシンボルを確認できます。

シンボルの利用

365_sketch_symbole_set.gif

[Insert]-[Symbolos]から作成したシンボルを選択できます。同一sketchファイル内で作成したシンボルはDocument内に格納されています。

ライブラリを活用することで別sketchファイルで作成したシンボルを利用することも可能です。

シンボルの編集

365_sketch_symbole_update.gif

インスタンスをダブルクリックするとSymbolsページに存在するマスターとなるシンボルが表示されます。ここで編集後、Return to Instanceをクリックすると元のページに戻れます。

マスターを更新するとインスタンスも更新されます。

オーバーライド

オーバーライドとは?

365_sketch_symbole_override1.gif

シンボルを複数箇所で利用しているとき、ある箇所では一部分を変更したいときがあります。

その際、新たにシンボルを作るのではなく、オーバーライドを活用することで、作業が楽になります。

テキストやアイコン、写真などオーバライドで変更できます。

オーバライドの選択項目は、シンボル内のレイヤー順序と同じになります。

オーバーライドの条件

テキスト変更は、何もせずともオーバーライドで変更できます。
アイコンの場合、オーバーライドできるようにするための条件があります。

365_sketch_symbole_override2.gif

シンボル内にグループが置かれていますが、これをシンボルに置き変えます。シンボル内にシンボルを置くことでオーバーライドできるようになります。

365_sketch_symbole_override3.gif

アイコンをオーバーライドできるようになりました。選択肢には同じサイズのシンボルが表示されます。

同じサイズというのが選択肢の条件なので注意してください。