プロトタイピングの使い方

実際に近い形でデザインを確認し、実装前に問題点など洗い出すことができれば、作業の後戻りを防ぐことができます。Sketchの「プロトタイピング機能」を活用すれば、それが実現できます。ここでは、「プロトタイピング機能」の基本的な使い方について解説します。

プロトタイピング機能とは?

sketch_prototype_demo.gif

Preview Prototypeで「スクロール」や「ページ遷移」などの操作を確認できるようになります。

Sketch Mirrorなど利用して、iPhoneなどの実機上から動作確認することもでき、より実際に近い形でデザインを確認できます。

では、ページ遷移の設定方法など確認していきます。

遷移先を設定

リンクで設定

sketch_prototype_link.gif

リンクを利用すると、特定のレイヤーをクリックして、別のアートボードに遷移できるようになります。

レイヤーを選択後、Wをクリックすると矢印が表示されて、遷移先を設定できます。

別Pageに存在するアートボードにも遷移できます。その際は、遷移先として、アートボード右上に表示されているアイコンから別Pageのアートボードを指定します。

ホットスポットで設定

sketch_prototype_hot.gif

ホットスポットを利用すると、任意の範囲をクリックして、別のアートボードに遷移できるようになります。

Hをクリックして、レイヤー上にマウスを移動すると、カーソルが矢印マークになります。対象範囲を選択して、そこからの遷移先を設定できます。

前のページに戻る設定

sketch_prototype_back.gif

遷移先として、アートボードの左上に表示されている<マークを指定すると前のページに戻る動作になります。

プレビュー時の最初のページ設定

sketch_prototype_first.gif

プレビューを起動したとき、最初に表示されるアートボードを設定できます。最初に表示したいアートボード選択後、Use Artboard as Start Pointを実行します。

ヘッダー、フッターの固定

sketch_prototype_fix.gif

Preview画面でスクロールした際に、ヘッダーなど固定したいケースがあります。その場合、対象レイヤーを選択して、Fix position when scrollingにチェックを入れてください。

なお、固定するレイヤー上にホットスポットが存在する場合、遷移できなくなります。その時は、「固定するレイヤー」と「ホットスポットレイヤー」を同一グループにまとめると遷移できるようになります。

【エンジニア向け】仕事を見つける方法

転職する

転職エージェントを活用する

転職サイトの場合、自身でサイト上から企業を探す必要があります。 一方「レバテックキャリア」 などの転職エージェントの場合、エージェントが企業を紹介してくれます。エージェントが間に入ることにより、日程調整や、条件交渉などもサポートしてくれます。

転職ドラフトを活用する

転職ドラフト」は、 企業がITエンジニアをドラフトという形で指名するサービスです。年収が最初に提示されるなどのメリットがあります。 ただ、初回登録時にレジュメ作成が必要で、すでにエンジニア経験が豊富にあるエンジニア向けのサービスかと思います。 レジュメ作成が手間ですが、自身のキャリアを見直す機会になり、他の仕事探しにも役立つはずです。

エンジニア転職保証のあるスクールを活用する

ある程度、開発経験のあるかたであれば、独学で必要なスキルを身につけることができるはずです。ただ、別業種からエンジニアに転職したい場合など、1から独学で学ぶのはハードルが高いです。そういった方は、スクールの活用を検討しても良いと思います。 「TechAcademy」は、エンジニア転職保証コースを提供しています。給付金制度の対象講座として認定されているため、金銭面の負担も抑えることができます。

フリーランスとして活動する

レバテックフリーランス」「ITプロパートナーズ」「ギークスジョブ」は、フリーランスエージェントサービスです。 エージェントによって、支払いサイトなど細かい違いはありますが、まずは良い案件を見つけることが重要です。 登録自体は無料なので、複数エージェントに登録して、より多くの案件を紹介してもらうのがおすすめです。

logo
わくわくBank.
技術系の記事を中心に、役に立つと思ったこと、整理したい情報などを掲載しています。