BS(貸借対照表)の見方

貸借対照表(BS:Balance Sheet)を見ると、企業の財政状態を確認できます。ここでは、貸借対照表に出てくる各項目の意味について確認します。

全体像

企業の財政状態を確認

貸借対照表は、企業の 財政状態 を確認できる表です。

どのようにお金を調達して、どのように使われているのかを判断できます。

549-bs-basic_1.png

資産 負債 純資産で構成されています。

負債の元手は、借りたお金です。
(他人資本と呼びます)

純資産の元手は、返さなくても良いお金です。
(自己資本と呼びます)

貸借対照表に出てくる各項目について確認していきます。

資産

流動資産

1年以内に 現金化できるもの が対象となります。
以下のような項目が対象です。

  • 現金
  • 預金
  • 売掛金
  • 棚卸資産

固定資産

1年以内に 現金化できないもの が対象となります。
以下のような項目が対象です。

  • 有形固定資産
    • 建物
    • 機械
    • 土地
  • 無形固定資産
    • 特許権
    • 商標権
  • 投資
    • 投資有価証券

負債

流動負債

1年以内に 返済が必要なもの が対象となります。
以下のような項目が対象です。

  • 買掛金
  • 短期借入金

固定負債

1年以内に 返済期日が来ないもの が対象となります。
以下のような項目が対象です。

  • 長期借入金
  • 退職給付引当金

純資産

返済する必要がないお金です。
以下のような項目が対象です。

  • 資本金
  • 利益剰余金