財務諸表分析(ROA, ROE, 自己資本比率)

財務諸表は「割合」で分析します。例えば、売上高が前年より増えていても、粗利益率が下がっているなどのケースがあります。ここでは、財務諸表分析のうち、主要な分析について取り上げます。

収益性

売上高総利益率(粗利益率)

サービスの付加価値がどれだけあるのか判定します。

売上高総利益率 = 売上総利益 売上高 × 100

売上高営業利益率

営業活動でどの程度利益を出しているのか判定します。

売上高営業利益率 = 営業利益 売上高 × 100

ROA|総資産利益率
(Return On Assets)

資産をもとに、どの程度利益を出しているのか判定します。

総資産利益率 = 当期純利益 資産 × 100

ROE|自己資本利益率
(Return On Equity)

自己資本をもとに、どの程度利益を出しているのか判定します。

自己資本利益率 = 当期純利益 自己資本 × 100

安全性

自己資本比率
( 高いほど良好 )

どれだけ自己資本で資産をまかなっているのかを判定します。

自己資本比率が低いということは、借金をして資産をまかなっていることになります。

自己資本比率 = 自己資本 自己資本 + 他人資本 × 100

流動比率
( 高いほど良好 )

短期的な支払能力を判定します。140%以上あれば安全性が高いほうです。

流動比率 = 流動資産 流動負債 × 100

固定比率
( 低いほど良好 )

中長期的な安全性を判定します。100%以上ということは、借金をして固定資産を購入していることになります。

固定比率 = 固定資産 純資産 × 100

成長性

売上高増加率
( 高いほど良好 )

前年の売上高と比較して判定します。

売上高増加率 = 当期売上高 - 前期売上高 前期売上高 × 100

経常利益増加率
( 高いほど良好 )

前年の経常利益と比較して判定します。

経常利益増加率 = 当期経常利益 - 前期経常利益 前期経常利益 × 100