インストールと初期設定

WordPressをダウンロードして管理画面でログインするところまでの手順を説明します。ここで紹介する手順では、WindowsのXAMPP環境を利用しています。

WordPressをダウンロード

647-wordpress-install_download.png

https://ja.wordpress.org/ にアクセスしてWordPressをダウンロードします。

DocumentRoot配下に配置

647-wordpress-install_upload.png

ダウンロードしたファイルはzip形式で圧縮されているので解凍します。解凍してできた「wordpress」というフォルダをそのまま、apacheのDocumentRoot配下に配置します。

※ここでは、ローカル環境で動作しているapacheのDocumentRoot配下に配置します。

初期設定

http://localhost/wordpress/ にアクセスすると、 http://localhost/wordpress/wp-admin/setup-config.php
のURLページにリダイレクトされます。これは、まだ wp-config.php というWordPressの環境設定を行なう重要なファイルが作成されていないためです。

wp-config.php では、WordPressがMySQLデータベースに接続するための情報などを管理します。ここでの作業を終了させることで wp-config.php が作成されます。

647-wordpress-install_setting1.png

「さぁ、始めましょう!」をクリックします。

647-wordpress-install_setting2.png

データベース情報を入力し、「送信」をクリックします。

DB情報を入力するので、事前にWordPress用のDBと、そのDBへの権限を持つ MySQLユーザを作成しておく必要があります。

647-wordpress-install_setting3.png

今回は、テーブルの接頭辞は test_ にしました

647-wordpress-install_setting4.png

「インストール実行」をクリックします。

647-wordpress-install_setting5.png

サイトの情報を入力する画面が表示されます。ユーザ名とパスワードはWordPressの管理画面にログインする際に必要なので忘れないようにしましょう。サイトをまだ公開しないので、「検索エンジンによるサイトのインデックスを許可する」のチェックは外しておきます。

これでインストール完了です。

この段階で、指定したDBにWordPressがデフォルトで利用するテーブルが作成されてます。MySQLで SHOW TABLES FROM 指定したDB名 とクエリを実行すると、下記テーブルが表示されました。

test_commentmeta
test_comments
test_links
test_options
test_postmeta
test_posts
test_terms
test_term_relationships
test_term_taxonomy
test_usermeta
test_users

「test_」はテーブル接頭辞で指定した文字になります。

647-wordpress-install_setting6.png

ログインをクリックします。

647-wordpress-install_login.png

先ほど設定した「ユーザ名」と「パスワード」入力します。

WordPressをダウンロードして管理画面でログインするところまで紹介しました。

【エンジニア向け】仕事を見つける方法

転職する

転職エージェントを活用する

転職サイトの場合、自身でサイト上から企業を探す必要があります。 一方「レバテックキャリア」 などの転職エージェントの場合、エージェントが企業を紹介してくれます。エージェントが間に入ることにより、日程調整や、条件交渉などもサポートしてくれます。

転職ドラフトを活用する

転職ドラフト」は、 企業がITエンジニアをドラフトという形で指名するサービスです。年収が最初に提示されるなどのメリットがあります。 ただ、初回登録時にレジュメ作成が必要で、すでにエンジニア経験が豊富にあるエンジニア向けのサービスかと思います。 レジュメ作成が手間ですが、自身のキャリアを見直す機会になり、他の仕事探しにも役立つはずです。

エンジニア転職保証のあるスクールを活用する

ある程度、開発経験のあるかたであれば、独学で必要なスキルを身につけることができるはずです。ただ、別業種からエンジニアに転職したい場合など、1から独学で学ぶのはハードルが高いです。そういった方は、スクールの活用を検討しても良いと思います。 「TechAcademy」は、エンジニア転職保証コースを提供しています。給付金制度の対象講座として認定されているため、金銭面の負担も抑えることができます。

フリーランスとして活動する

レバテックフリーランス」「ITプロパートナーズ」「ギークスジョブ」は、フリーランスエージェントサービスです。 エージェントによって、支払いサイトなど細かい違いはありますが、まずは良い案件を見つけることが重要です。 登録自体は無料なので、複数エージェントに登録して、より多くの案件を紹介してもらうのがおすすめです。