本番環境のWordPressを開発環境に移行する手順

本番環境に設置したWordPress(ソース+DBデータ)を開発環境(ローカル環境)に移行する手順について取り上げます。なお、開発環境ではvccwを利用します。vccw以外(XAMPPなど)でも基本的な手順は同じなので参考にはなるかと思います。

本番環境作業

WordPressを移行するには、ソースファイルとDBデータを本番環境から取得しておく必要があります。

ソースファイルのダウンロード

ソースをダウンロードします。私の場合、まずzipコマンドで対象ファイル一式を圧縮します。

zip -r 対象フォルダ.zip 対象フォルダ/

その後、圧縮したファイルをWinSCPなどのFTPツールを利用してダウンロードします。

DBデータの取得

mysqldumpコマンドを利用すれば、SQLベースでデータを抽出できます。

mysqldump -u DBユーザ名 -p WordPressのデータベース名 > wp.dump.sql

サーバー上で上記コマンドを実行すると、DBユーザ名に対応するパスワードが聞かれます。

649-wordpress-migrationmigra.png

パスワードを入力すると、wp.dump.sql というファイルができるので、FTPツールでローカルにダウンロードします。

phpMyAdminでも可能
phpMyAdminからDBデータをエクスポートする方法もあります。上記方法が分からない場合、phpMyAdminを利用してみてください。

以上でサーバー側の作業は終了です。

ローカル作業(開発環境構築)

vccwで開発環境を構築します。私の場合、site.yml内の以下設定をを適宜修正して利用しています。

  • sync_folder
  • hostname
  • ip
  • rewrite_structure
  • document_root

ローカル作業(移行作業)

vccwのドキュメントルート配下に、本番環境から取得した「ソースファイル」と「DBデータ( wp.dump.sql )」を格納します。

デフォルトですと、vccw作成時に wwwフォルダ が作成されます。 wwwフォルダ は、仮想マシンとホストマシンの共有ディレクトリの設定がされているはずなので、この中にサーバーから取得したファイルを格納します。

これ以降は、仮想マシン上での作業です。 vagrant ssh で仮想マシンにログインしてください。

DB展開

vccwを作成した際に、wordpress用のDBが自動で作成されているので、

mysqladmin -u root -p drop wordpress
mysqladmin -u root -p create wordpress
mysql -u root -p wordpress < wp.dump.sql
649-wordpress-migrationmigra4.png

もし本番環境のDB名がwordpress以外の場合、DBの削除は必要ありませんが、対象となるDBを作成してからwp.dump.sqlのデータを展開してください。

wp-config.phpの修正

DBのユーザー名やパスワードなど開発環境に合わせて適宜修正します。

URL置換

リンク先などが本番環境のままなので、URLの置換を行います。

URLの置換ですが、DB内を直接修正すると、シリアライズされたデータが修正されないままになってしまいます。URLを置換するには、WP-CLIを利用します。vccwであれば、デフォルトで利用できます。

WordPressがインストールされているディレクトリで下記コマンドを実行するとURL置換してくれます。このとき wp-config.php からDBのユーザ名などを取得するので、開発環境に合わせて修正していないとエラーになります。注意してください。

wp search-replace '本番環境のURL' '開発環境のURL'

もし、WordPressがインストールされているディレクトリ以外で実行したい場合は–pathオプションでWordPressが存在するディレクトリを指示してください。

wp search-replace --path=/var/www/html/wordpress '本番環境のURL' '開発環境のURL'

以上で移行完了です。

【エンジニア向け】仕事を見つける方法

転職する

転職エージェントを活用する

転職サイトの場合、自身でサイト上から企業を探す必要があります。 一方「レバテックキャリア」 などの転職エージェントの場合、エージェントが企業を紹介してくれます。エージェントが間に入ることにより、日程調整や、条件交渉などもサポートしてくれます。

転職ドラフトを活用する

転職ドラフト」は、 企業がITエンジニアをドラフトという形で指名するサービスです。年収が最初に提示されるなどのメリットがあります。 ただ、初回登録時にレジュメ作成が必要で、すでにエンジニア経験が豊富にあるエンジニア向けのサービスかと思います。 レジュメ作成が手間ですが、自身のキャリアを見直す機会になり、他の仕事探しにも役立つはずです。

エンジニア転職保証のあるスクールを活用する

ある程度、開発経験のあるかたであれば、独学で必要なスキルを身につけることができるはずです。ただ、別業種からエンジニアに転職したい場合など、1から独学で学ぶのはハードルが高いです。そういった方は、スクールの活用を検討しても良いと思います。 「TechAcademy」は、エンジニア転職保証コースを提供しています。給付金制度の対象講座として認定されているため、金銭面の負担も抑えることができます。

フリーランスとして活動する

レバテックフリーランス」「ITプロパートナーズ」「ギークスジョブ」は、フリーランスエージェントサービスです。 エージェントによって、支払いサイトなど細かい違いはありますが、まずは良い案件を見つけることが重要です。 登録自体は無料なので、複数エージェントに登録して、より多くの案件を紹介してもらうのがおすすめです。

logo
わくわくBank.
技術系の記事を中心に、役に立つと思ったこと、整理したい情報などを掲載しています。