React Native Debuggerの利用方法

React Native Debuggerを利用して、Expoアプリをデバッグする方法を確認します。

インストール

React Native Debuggerをインストールします。

brew update && brew cask install react-native-debugger

React Native Debuggerを起動

Expoを利用するので port=19001 で起動します。

open -g 'rndebugger://set-debugger-loc?port=19001'
707-react-native-debugger_1.png

React Native Debuggerが起動しました。

Expoアプリ起動

該当プロジェクトでExpoアプリを起動します。

expo start

Debug Remote JS

707-react-native-debugger_2.png

iOSシュミレータ上で⌘ + Dをクリックして、設定画面を開きます。

Debug Remote JSをクリックします。

707-react-native-debugger_3.png

React Native Debuggerでデバッグできるようになりました。

参考