React Native Debuggerの利用方法

React Native Debuggerを利用して、Expoアプリをデバッグする方法を確認します。

インストール

React Native Debuggerをインストールします。

brew update && brew cask install react-native-debugger

React Native Debuggerを起動

Expoを利用するので port=19001 で起動します。

open -g 'rndebugger://set-debugger-loc?port=19001'
707-react-native-debugger_1.png

React Native Debuggerが起動しました。

Expoアプリ起動

該当プロジェクトでExpoアプリを起動します。

expo start

Debug Remote JS

707-react-native-debugger_2.png

iOSシュミレータ上で⌘ + Dをクリックして、設定画面を開きます。

Debug Remote JSをクリックします。

707-react-native-debugger_3.png

React Native Debuggerでデバッグできるようになりました。

参考

【エンジニア向け】仕事を見つける方法

転職する

転職エージェントを活用する

転職サイトの場合、自身でサイト上から企業を探す必要があります。 一方「レバテックキャリア」 などの転職エージェントの場合、エージェントが企業を紹介してくれます。エージェントが間に入ることにより、日程調整や、条件交渉などもサポートしてくれます。

転職ドラフトを活用する

転職ドラフト」は、 企業がITエンジニアをドラフトという形で指名するサービスです。年収が最初に提示されるなどのメリットがあります。 ただ、初回登録時にレジュメ作成が必要で、すでにエンジニア経験が豊富にあるエンジニア向けのサービスかと思います。 レジュメ作成が手間ですが、自身のキャリアを見直す機会になり、他の仕事探しにも役立つはずです。

エンジニア転職保証のあるスクールを活用する

ある程度、開発経験のあるかたであれば、独学で必要なスキルを身につけることができるはずです。ただ、別業種からエンジニアに転職したい場合など、1から独学で学ぶのはハードルが高いです。そういった方は、スクールの活用を検討しても良いと思います。 「TechAcademy」は、エンジニア転職保証コースを提供しています。給付金制度の対象講座として認定されているため、金銭面の負担も抑えることができます。

フリーランスとして活動する

レバテックフリーランス」「ITプロパートナーズ」「ギークスジョブ」は、フリーランスエージェントサービスです。 エージェントによって、支払いサイトなど細かい違いはありますが、まずは良い案件を見つけることが重要です。 登録自体は無料なので、複数エージェントに登録して、より多くの案件を紹介してもらうのがおすすめです。