YouTube動画アップロード手順(設定内容, デフォルト設定で効率化)

YouTubeで動画をアップロードする方法を説明します。「アップロード時に設定する内容」や「デフォルト設定を活用した効率化」など取り上げます。

アップロード手順

アップロード画面を開く

今回 YouTube Studio ベータ版 を利用してアップロードします。

https://studio.youtube.com/ にアクセスします。

720-movie-youtube-upload_01.png

動画をアップロード(ベータ版)をクリックします。

720-movie-youtube-upload_02.png

ファイルを選択をクリックして、アップロードしたい動画ファイルを選択します。

基本情報

720-movie-youtube-upload_10.png

タイトル 説明を入力します。

カスタムサムネイルも設定できます。2MB以下なので注意してください。

詳細設定

720-movie-youtube-upload_11.png

再生リスト タグなどを設定します。

タグには動画内容を表すキーワードを入力します。関連動画と検索に影響するようです。公開されている動画で、どういったタグが設定されているか確認したい場合、ページソースを表示して、keywords":で検索すれば確認できます。

720-movie-youtube-upload_12.png

カテゴリ 動画の撮影場所など必要に応じて設定します。

プレビューと公開

720-movie-youtube-upload_13.png

公開設定ができます。設定が全て完了したら右下の完了をクリックします。

確認

720-movie-youtube-upload_20.png

設定した内容(動画の撮影場所, タイトル, 公開設定, 説明, カテゴリ)が表示されています。

デフォルト設定で効率化

説明タグ など、決まって入力するものがある場合、毎回入力するのは面倒です。デフォルト設定で毎回入力する手間を削減できます。

https://studio.youtube.com/ にアクセスします。

720-movie-youtube-upload_30.png

設定をクリックします。

720-movie-youtube-upload_31.png

アップロード動画のデフォルト設定を選択します。

基本設定では、タイトル 説明 公開設定 タグのデフォルトを設定できます。

720-movie-youtube-upload_32.png

詳細設定では、カテゴリなどのデフォルトを設定できます。

参考