エンジニアのキャリアアップに必要な「スキルアップ方法」と「仕事探し」
最終更新日:

ここでは、エンジニアのキャリアアップに必要な「スキルアップ方法」と「仕事探し(転職・副業・フリーランス)」について掲載します。

多くの選択肢がありますが、自分に適切な方法を見つけるのに少しでも役立てば嬉しいです。

スキルアップ方法

スキルアップに活用できる「学習方法・学習素材」を紹介します。

無料なもの 有料なもの があるので、ご自身の状況に合わせて、活用できる情報が見つかれば幸いです。

動画, ブログ, 本, リファレンスを活用

エンジニア転職保証のあるスクールを活用する

ある程度、開発経験のあるかたであれば、独学で必要なスキルを身につけることができるはずです。

ただ、別業種からエンジニアに転職したい場合など、1から独学で学ぶのはハードルが高いです。

そういった方は、スクールの活用を検討しても良いと思います。

TechAcademy」は、エンジニア転職保証コースを提供しています。給付金制度の対象講座として認定されているため、金銭面の負担も抑えることができます。

GitHubの公開リポジトリ情報を活用

学習、技術選定に役立つ豊富な情報を得ることができます。

Roadmap

Roadmap という名前が付けられたリポジトリが存在します。

職種 プラグラミング言語 ごとに、どういったスキルを身につけていけば良いのか参考になります。

Awesome

Awesome という名前が付けられたリポジトリが存在します。

プログラミング言語などテーマごとに、役立つ素晴らしいリポジトリ一覧がまとめられています。

その他

英語を身につける

エンジニアは、英語が必要になる場面が多いです。
( ただ、翻訳ツールが優秀なので、必要になっても困るケースは少ないと思います。 )

英語関連で「役立つツール」と「身につけるためのサービス」を紹介します。

仕事探し

転職する

転職サイトを活用

IT業界に特化した転職サイトです。

転職ドラフトを活用

「転職ドラフト」は、企業がITエンジニアをドラフトという形で指名するサービスです。

年収が最初に提示されるなどのメリットがあります。

ただ、初回登録時にレジュメ作成が必要で、すでにエンジニア経験が豊富にあるエンジニア向けのサービスかと思います。

レジュメ作成が手間ですが、自身のキャリアを見直す機会になり、他の仕事探しにも役立つと思います。

転職エージェントを活用

転職サイトの場合、自分でサイト上から企業を探す必要があります。
一方、転職エージェントの場合、エージェントが企業を紹介してくれます。

エージェントが間に入ることにより、日程調整や、条件交渉などもサポートしてくれます。

副業する

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、低単価であったり、運営会社への手数料が発生するデメリットもあります。

よほどスキルがマッチしている案件が存在しない限り、十分に稼ぐのは難しいです。

スキル販売

ある程度スキルのある方であれば、自分のスキルを販売するタイプのサービスが良いかもしれません。

「毎回要望が異なるクラウドソーシング」に比べて、稼働時間・収益が見積もりやすいかと思います。

フリーランスとして活動する

エージェントによって、支払いサイトなど細かい違いはありますが、まずは良い案件を見つけることが重要です。

登録自体は無料なので、複数エージェントに登録して、より多くの案件を紹介してもらうのがおすすめです。

希望の案件に出会える確率が高まります。

確定申告に備えて、会計ソフトの導入がおすすめ

フリーランスの場合、確定申告を自身で行う必要があります。

クラウドの会計サービスを活用すると、取引の自動入力をすることができ、仕分作業の負担が下がるのでおすすめです。

logo
わくわくBank.
技術系の記事を中心に、役に立つと思ったこと、整理したい情報などを掲載しています。