パッケージマネージャー「Yarn」の使い方

パッケージマネージャー「Yarn」について取り上げます。「npmとの違い」「インストール方法」「基本的な使い方」について解説していきます。

Yarnとは

Facebookが開発したJavaScriptのパッケージマネージャーです。

npmと比べて

  • npmと互換性があります。
  • キャッシュの有無にもよりますが、インストールがより速いです。
  • ネットワーク接続失敗時、自動リトライします。
  • yarn.lock によるバージョン固定化が行われます。
    • yarn.lock は、yarnでインストールした後に自動生成されます。

参考リンク

https://yarnpkg.com/ja/docs
https://github.com/yarnpkg/yarn

インストール

nodeパッケージなので、npm経由でインストールできます。

npm install -g yarn

インストール後、ヘルプを確認してみます。

yarn -h

パッケージ管理のはじめかた

package.jsonが存在しない場合、まず該当プロジェクトで yarn init を実行します。

$ mkdir front_test
$ cd front_test
$ yarn init
yarn init v1.9.4
question name (front_test): 
question version (1.0.0): 
question description: 
question entry point (index.js): 
question repository url: 
question author: 
question license (MIT): 
question private: 
success Saved package.json
✨  Done in 14.71s.

package.jsonが生成されました。

$ ls
package.json 
$ cat package.json 
{
  "name": "front_test",
  "version": "1.0.0",
  "main": "index.js",
  "license": "MIT"
}

すでにpackage.jsonが存在する場合、 yarn を実行することで、 Yarnによるパッケージ管理ができます。

$ yarn
yarn install v1.9.4
info No lockfile found.
[1/4] ????  Resolving packages...
[2/4] ????  Fetching packages...
[3/4] ????  Linking dependencies...
[4/4] ????  Building fresh packages...
success Saved lockfile.
✨  Done in 0.05s.

yarn.lock が生成されました。

$ ls
node_modules	package.json	yarn.lock

yarnの使い方

詳しいコマンドの使い方は、 https://yarnpkg.com/ja/docs/cli/で確認できます。
ここでは、よく使うコマンドについて取り上げます。

npm yarn 概要
npm init yarn init package.json の作成
npm install yarn package.json を読み込み、必要なパッケージをインストール
npm install --save [package] yarn add [package] パッケージをインストール
npm install --save-dev [package] yarn add [package] --dev パッケージをインストール
npm uninstall --save [package]
npm uninstall --save-dev [package]
yarn remove [package] パッケージをアンインストール
rm -rf node_modules && npm install yarn upgrade ローカルプロジェクトの全パッケージを更新
npm update [package] yarn upgrade [package] ローカルプロジェクトの指定パッケージを更新
npm run [script] yarn run [script] 下記で定義されたscriptを実行
1. package.json 内で定義されたscript
2. node_modules/.bin/ の中に定義されたscript(yarnの場合)
npm list yarn list インストール済みのパッケージ一覧を表示
【エンジニア向け】仕事を見つける方法

転職する

転職エージェントを活用する

転職サイトの場合、自身でサイト上から企業を探す必要があります。 一方「レバテックキャリア」 などの転職エージェントの場合、エージェントが企業を紹介してくれます。エージェントが間に入ることにより、日程調整や、条件交渉などもサポートしてくれます。

転職ドラフトを活用する

転職ドラフト」は、 企業がITエンジニアをドラフトという形で指名するサービスです。年収が最初に提示されるなどのメリットがあります。 ただ、初回登録時にレジュメ作成が必要で、すでにエンジニア経験が豊富にあるエンジニア向けのサービスかと思います。 レジュメ作成が手間ですが、自身のキャリアを見直す機会になり、他の仕事探しにも役立つはずです。

エンジニア転職保証のあるスクールを活用する

ある程度、開発経験のあるかたであれば、独学で必要なスキルを身につけることができるはずです。ただ、別業種からエンジニアに転職したい場合など、1から独学で学ぶのはハードルが高いです。そういった方は、スクールの活用を検討しても良いと思います。 「TechAcademy」は、エンジニア転職保証コースを提供しています。給付金制度の対象講座として認定されているため、金銭面の負担も抑えることができます。

フリーランスとして活動する

レバテックフリーランス」「ITプロパートナーズ」「ギークスジョブ」は、フリーランスエージェントサービスです。 エージェントによって、支払いサイトなど細かい違いはありますが、まずは良い案件を見つけることが重要です。 登録自体は無料なので、複数エージェントに登録して、より多くの案件を紹介してもらうのがおすすめです。

logo
わくわくBank.
技術系の記事を中心に、役に立つと思ったこと、整理したい情報などを掲載しています。