基本クエリの書き方(SELECT,INSERT,UPDATE,DELETE)

抽出(SELECT)、挿入(INSERT)、更新(UPDATE)、削除(DELETE)といった基本クエリの書き方をまとめました。頻繁に使う内容なので、DBを利用する上で必須知識になります。

SELECT|抽出

レコードの抽出にはSELECT文を使います。

/* 基本書式。WHERE, GROUP BY, HAVING, ORDER BYは任意。*/
SELECT フィールド名 
FROM テーブル名
WHERE 条件
GROUP BY 集計項目
HAVING 集計項目に対する検索条件
ORDER BY ソート項目

補足 集計関連

SQL 説明
select count(*) from テーブル名; レコード総数を調べる
select distinct フィールド名 from テーブル名; 重複を無しにして表示
max(フィールド名) 最大値取得
sum(フィールド名) 合計値取得
avg(フィールド名) 平均値取得

補足 ORDER BY(並び替え)

SQL 説明
order by フィールド名 小さい順に表示
order by フィールド名 desc 大きい順に表示
order by フィールド名 desc limit 3 上位3つのみを表示

INSERT|挿入

レコードの挿入にはINSERT文を使います。

INSERT INTO テーブル名 (カラム1, カラム2, ...) VALUES (カラム1に挿入する値, カラム2に挿入する値, ...);

複数レコード挿入

INSERT INTO テーブル名 
(カラム1, カラム2, ...) 
VALUES 
(カラム1に挿入する値, カラム2に挿入する値, ...),
(カラム1に挿入する値, カラム2に挿入する値, ...),
(カラム1に挿入する値, カラム2に挿入する値, ...);

SELECT結果を挿入

別テーブルのSELECT結果を挿入することもできます。

INSERT INTO テーブルA
(カラム1, カラム2, ...) 
SELECT (カラム1, カラム2, ...) 
FROM   テーブルB

UPDATE|更新

レコードの更新にはUPDATE文を使います。

UPDATE DB名.テーブル名 SET カラム名1=値 [, カラム2=値 ...] [WHERE 条件];

DELETE|削除

レコードの削除にはDELETE文を使います。

DELETE FROM DB名.テーブル名 [WHERE 条件];