ユーザ登録, グループ登録, パスワード変更

Linuxで新規ユーザを登録する流れと、ユーザの管理を行う際に利用するコマンド(useradd, passwd, groupadd, usermodなど)について解説します。

新規ユーザ登録の流れ

1. 管理者がrootでログインして、ユーザ名仮パスワードを登録する。
2. ユーザはユーザ名と仮パスワードでログインし、自分だけが知るパスワードに設定し直す。

ユーザ関連のコマンド

ユーザ登録

コマンド 概要
useradd ユーザ名 ユーザの登録
passwd 自分のパスワードを設定
passwd ユーザ名 スーパーユーザが指定ユーザのパスワードを設定

グループ登録

コマンド 概要
groupadd グループ名 グループの追加
groupdel グループ名 グループの削除
groups 自分の属しているグループ名の表示
gpasswd -a ユーザ名 グループ名 指定グループにメンバを追加
gpasswd -d ユーザ名 グループ名 指定グループからメンバを削除
groupmod -n 新しいグループ名 グループ名 グループ名をnewnameに変更する

その他ユーザ関連のコマンド

コマンド 概要
usermod ユーザのホーム・ディレクトリやアカウントの有効期限などのユーザー・アカウント情報を変更することができる。
wall ログイン中の全ユーザーのターミナルにメッセージを表示
w ログイン中のユーザを表示
su ユーザを変更。su -でルートユーザに変更。
sudo 指定ユーザーでコマンドを実行。-uオプションでユーザを指定。デフォルトではroot権限。
わくわくBank.
フリーランスのエンジニアとして活動してます。ここでは、ソフトウェア開発で必要とされる技術、用語、概念を整理しています。