Intersection Observer(要素表示タイミングで処理実行)

Intersection Observer APIの使い方について確認します。スクロールして要素が表示されたタイミングで処理を実行したいケースに活用できます。( 画像の遅延読み込み コンテンツの追加読み込み など)

利用可能ブラウザ

https://caniuse.com/#feat=intersectionobserver

IEではサポートされてないので、polyfillが必要です。
https://github.com/w3c/IntersectionObserver/tree/master/polyfill

Intersection Observerの使い方

// イベント発火時のコールバック関数
const callback = (entries, observer) => {
  entries.forEach(entry => {
    console.log(entry.target)
    console.log(entry.time)
    console.log(entry.isIntersecting)
    console.log(entry.intersectionRatio)
    console.log(entry.boundingClientRect)
    console.log(entry.intersectionRect)
    console.log(entry.rootBounds)
  })
}

// Intersection Observerのインスタンス生成
const options = {
  root: null,
  rootMargin: '0px',
  threshold: 0
}
const observer = new IntersectionObserver(callback, options)

// ターゲット要素を登録
const target = document.querySelector('#target')
observer.observe(target)

// observer.unobserve(target)  // 指定要素の監視をやめる
// observer.disconnect()  // 全要素の監視をやめる

IntersectionObserverコンストラクタ でインスタンス生成後、observeメソッド で対象要素を監視することができます。

IntersectionObserver で指定可能な options については、後述する動作例で説明します。

動作例

  • target1
    • threshold: 1.0 と指定しているため、要素が全て表示されたタイミングでコールバックが実行されます。
  • target2
    • rootMargin を指定して、要素が表示される前にコールバックを実行するようにしています。
  • target3
    • threshold を複数設定しています。
    • 要素の表示割合が 0% 25% 50% 75% 100% のタイミングでコールバックが実行されます。

参考