ユーザパスワードをDBから直接変更する方法

WordPressのユーザパスワードをDBから直接変更する方法について紹介します。

パスワード変更について

wp_passchange0.png

ユーザパスワードは、ユーザ登録時に設定したメールアドレスを経由してリセットできます。本来であれば、メールアドレス経由で変更すべきです。

しかし、何らかの理由で登録したメールアドレスを利用できくなってしまった場合などあるかと思います。そういった場合、ここで紹介する方法を利用してみてください。

DBを直接変更するので細心の注意が必要です。また、自己責任で作業を行ってください。

MySQL上でパスワードを変更

変更するテーブルは、WordPressのデータを格納しているDB内の XXXXusers テーブルです。

XXXX にはデータベース接頭語が入ります。接頭語が wp_ の場合、 wp_users となります。

XXXXusers テーブル内には、以下のカラムが存在します。

  • user_login ⇒ ユーザー名
  • user_pass ⇒ ハッシュ化されたパスワード

なので、パスワードを変更するには、以下作業が必要です。

  1. user_loginに対象ユーザ名が格納されたレコードを探し、
  2. そのレコードのuser_passを変更する

phpMyAdminで修正

  1. phpMyAdminで対象テーブルを開きます。
wp_passchange1.png

2. 対象のユーザ名が登録されたレコードを編集します。鉛筆マークの箇所をクリックすると編集できます。

wp_passchange2.png

3. user_passの箇所を変更します。関数は「MD5」を選択します。値には、新しいパスワードを入力します。パスワードは、半角英数字以外の文字を入力しないでください。入力が終わったら「実行する」をクリックします。

以上で、パスワードが変更されました。手順3で入力した新しいパスワードでログインできるようになります。

コマンドラインから修正

コマンドラインから修正するには、以下のようにSQLを実行します。

UPDATE 対象DB.DB接頭語users 
SET user_pass = MD5('新しいパスワード') 
WHERE user_login = 'パスを変更したいユーザー名';
wp_passchange3.png

実行結果です。

【エンジニア向け】仕事を見つける方法

転職する

転職エージェントを活用する

転職サイトの場合、自身でサイト上から企業を探す必要があります。 一方「レバテックキャリア」 などの転職エージェントの場合、エージェントが企業を紹介してくれます。エージェントが間に入ることにより、日程調整や、条件交渉などもサポートしてくれます。

転職ドラフトを活用する

転職ドラフト」は、 企業がITエンジニアをドラフトという形で指名するサービスです。年収が最初に提示されるなどのメリットがあります。 ただ、初回登録時にレジュメ作成が必要で、すでにエンジニア経験が豊富にあるエンジニア向けのサービスかと思います。 レジュメ作成が手間ですが、自身のキャリアを見直す機会になり、他の仕事探しにも役立つはずです。

エンジニア転職保証のあるスクールを活用する

ある程度、開発経験のあるかたであれば、独学で必要なスキルを身につけることができるはずです。ただ、別業種からエンジニアに転職したい場合など、1から独学で学ぶのはハードルが高いです。そういった方は、スクールの活用を検討しても良いと思います。 「TechAcademy」は、エンジニア転職保証コースを提供しています。給付金制度の対象講座として認定されているため、金銭面の負担も抑えることができます。

フリーランスとして活動する

レバテックフリーランス」「ITプロパートナーズ」「ギークスジョブ」は、フリーランスエージェントサービスです。 エージェントによって、支払いサイトなど細かい違いはありますが、まずは良い案件を見つけることが重要です。 登録自体は無料なので、複数エージェントに登録して、より多くの案件を紹介してもらうのがおすすめです。

logo
わくわくBank.
技術系の記事を中心に、役に立つと思ったこと、整理したい情報などを掲載しています。