PlantUMLで配置図を作成

システムの構成要素の配置を理解するのに役立つのが配置図です。

ここでは、PlantUMLを利用して配置図を書く方法について確認します。

構成要素を表現

利用機会のありそうな構成要素について確認します。

入れ子上にできない要素

@startuml

actor アクター
usecase ユースケース

boundary 境界
control コントロール
entity エンティティ
interface インターフェイス

@enduml
850-design-uml-layout-map_00.png

入れ子上にできる要素

入れ子上にできる要素です。

@startuml


node ノード1 {
  node ノード2
}

rectangle 四角形1 {
  rectangle 四角形2
}

frame フレーム1 {
  frame フレーム2
}

component コンポーネント1 {
  component コンポーネント2
}

artifact アーティファクト1 {
  artifact アーティファクト2
}

cloud クラウド1 {
  cloud クラウド2
}

database データベース1 {
  database データベース2
}

folder フォルダ1 {
  folder フォルダ2
}

file ファイル1 {
  file ファイル2
}

package パッケージ1 {
  package パッケージ2
}

queue キュー1 {
  queue キュー2
}

ノード1 -[hidden]-> 四角形1
四角形1 -[hidden]-> フレーム1
コンポーネント1 -[hidden]-> アーティファクト1
アーティファクト1 -[hidden]-> クラウド1
データベース1 -[hidden]-> フォルダ1
フォルダ1 -[hidden]-> ファイル1
パッケージ1 -[hidden]-> キュー1

@enduml
850-design-uml-layout-map_01.png

要素間の紐付け

@startuml

node ノード0
node ノード1
node ノード2
node ノード3
node ノード4

ノード0 -up-> ノード1 : ラベルA
ノード0 .right.> ノード2 : ラベルB
ノード0 ~down~> ノード3 : ラベルC
ノード0 =left=> ノード4 : ラベルD

@enduml
850-design-uml-layout-map_10.png

線の色や太さも調整可能です。以下ページで取り上げています。
PlantUML スタイル調整(色・線の太さ)、配置調整、注釈調整、リンク設定

要素に別名をつける

as で要素に別名をつけてみます。

@startuml

actor アクター as a
node ノード as b
rectangle 四角形 as c
frame フレーム as d

a -> b
b -> c
c -> d

@enduml
850-design-uml-layout-map_20.png

as の情報をダブルクォーテーションで囲んだ場合、以下のようになります。

@startuml

node a1 as "ああああ"
node a2 as "ああああ
いいいい
うううう
ええええ"

a1 -> a2

@enduml
850-design-uml-layout-map_21.png
【エンジニア向け】仕事を見つける方法

転職する

転職エージェントを活用する

転職サイトの場合、自身でサイト上から企業を探す必要があります。 一方「レバテックキャリア」 などの転職エージェントの場合、エージェントが企業を紹介してくれます。エージェントが間に入ることにより、日程調整や、条件交渉などもサポートしてくれます。

転職ドラフトを活用する

転職ドラフト」は、 企業がITエンジニアをドラフトという形で指名するサービスです。年収が最初に提示されるなどのメリットがあります。 ただ、初回登録時にレジュメ作成が必要で、すでにエンジニア経験が豊富にあるエンジニア向けのサービスかと思います。 レジュメ作成が手間ですが、自身のキャリアを見直す機会になり、他の仕事探しにも役立つはずです。

エンジニア転職保証のあるスクールを活用する

ある程度、開発経験のあるかたであれば、独学で必要なスキルを身につけることができるはずです。ただ、別業種からエンジニアに転職したい場合など、1から独学で学ぶのはハードルが高いです。そういった方は、スクールの活用を検討しても良いと思います。 「TechAcademy」は、エンジニア転職保証コースを提供しています。給付金制度の対象講座として認定されているため、金銭面の負担も抑えることができます。

フリーランスとして活動する

レバテックフリーランス」「ITプロパートナーズ」「ギークスジョブ」は、フリーランスエージェントサービスです。 エージェントによって、支払いサイトなど細かい違いはありますが、まずは良い案件を見つけることが重要です。 登録自体は無料なので、複数エージェントに登録して、より多くの案件を紹介してもらうのがおすすめです。

logo
わくわくBank.
技術系の記事を中心に、役に立つと思ったこと、整理したい情報などを掲載しています。