パスフレーズを省略!ssh-agentの使い方

ssh-agentを利用すると、SSHでログインするときにパスフレーズの入力を省略することができます。ここでは、ssh-agentの使い方について紹介します。

ssh-agentを起動

ssh-agentを起動しておく必要があります。

下記コマンドで起動します。

$ eval `ssh-agent`

自動起動

https://h2plus.biz/hiromitsu/entry/791 でssh-agentを自動起動する方法が紹介されています。

~/.bashrc に次の内容を記述しておくと、ログイン時にssh-agentが自動起動されます。

if [ -f ~/.ssh-agent ]; then
    . ~/.ssh-agent
fi
if [ -z "$SSH_AGENT_PID" ] || ! kill -0 $SSH_AGENT_PID; then
    ssh-agent > ~/.ssh-agent
    . ~/.ssh-agent
fi
ssh-add -l >& /dev/null || ssh-add

初回ログイン時にパスフレーズが聞かれます。

秘密鍵を登録

ssh-addコマンドで秘密鍵を登録します。

$ ssh-add 秘密鍵のパス

秘密鍵のパスを省略した場合、 ~/.ssh/id_rsa ~/.ssh/id_dsa ~/.ssh/identify が登録されます。

秘密鍵登録時にパスフレーズが聞かれるので入力してください。これでSSH接続時にパスフレーズの入力を省略できます。

ansibleなどを利用していると、sudo実行時にパスフレーズ入力待ちになり、処理が止まってしまいます。そういったときにもssh-agentを活用できますね。

登録された鍵の確認

$ ssh-add -l

登録された鍵をすべて削除

$ ssh-add -D
【エンジニア向け】仕事を見つける方法

転職する

転職エージェントを活用する

転職サイトの場合、自身でサイト上から企業を探す必要があります。 一方「レバテックキャリア」 などの転職エージェントの場合、エージェントが企業を紹介してくれます。エージェントが間に入ることにより、日程調整や、条件交渉などもサポートしてくれます。

転職ドラフトを活用する

転職ドラフト」は、 企業がITエンジニアをドラフトという形で指名するサービスです。年収が最初に提示されるなどのメリットがあります。 ただ、初回登録時にレジュメ作成が必要で、すでにエンジニア経験が豊富にあるエンジニア向けのサービスかと思います。 レジュメ作成が手間ですが、自身のキャリアを見直す機会になり、他の仕事探しにも役立つはずです。

エンジニア転職保証のあるスクールを活用する

ある程度、開発経験のあるかたであれば、独学で必要なスキルを身につけることができるはずです。ただ、別業種からエンジニアに転職したい場合など、1から独学で学ぶのはハードルが高いです。そういった方は、スクールの活用を検討しても良いと思います。 「TechAcademy」は、エンジニア転職保証コースを提供しています。給付金制度の対象講座として認定されているため、金銭面の負担も抑えることができます。

フリーランスとして活動する

レバテックフリーランス」「ITプロパートナーズ」「ギークスジョブ」は、フリーランスエージェントサービスです。 エージェントによって、支払いサイトなど細かい違いはありますが、まずは良い案件を見つけることが重要です。 登録自体は無料なので、複数エージェントに登録して、より多くの案件を紹介してもらうのがおすすめです。

logo
わくわくBank.
技術系の記事を中心に、役に立つと思ったこと、整理したい情報などを掲載しています。