Cookieの使い方

Cookieを利用すると、サーバ側からブラウザに対して情報を保持するように指示することができます。保持した情報は、同一サーバに再アクセスしたときサーバに送信されます。

Cookieの利用

Cookieを設定するには、setcookie関数を利用します。詳しくは、PHP: setcookie – Manualを参照願います。

setcookie関数の利用例を示します。

setcookie('wakuwaku', 'あいうえお', time() + 3600);

上記例では、第3引数でCookieの有効期限を3600秒(1時間)としています。第3引数を指定しないとクライント側でブラウザが閉じられた際、Cookieも削除されます。

Cookieが保存されると再度サーバにアクセスした際、$_COOKIE 配列によってクッキーにアクセスできます。

$cookie = $_COOKIE['wakuwaku'];

※注意
次のようにブラウザでCookieの設定がされている場合があります。

  • クッキーを受け入れないようにブラウザで設定。
  • クッキーを保存する期間をブラウザで設定。
  • ブラウザの終了時にクッキーが削除されるように設定。

すべてブラウザの設定が優先されます。

Cookieのセキュリティ

Cookieのデータはユーザによって自由に改ざんできてしまいます。権限など重要な情報をCookieに設定してはいけません。

Cookieをさらに安全に利用するには、Secure属性HttpOnly属性を指定します。

Secure属性を設定すると、SSL通信にだけCookieが送信されます。setcookie関数の第6引数で設定することができます。

HttpOnly属性を設定すると、HTTPを通してのみだけCookieにアクセスできるようになります。つまりJavaScriptからはアクセスできなくすることができます。setcookie関数の第7引数で設定することができます。

【エンジニア向け】仕事を見つける方法

転職する

転職エージェントを活用する

転職サイトの場合、自身でサイト上から企業を探す必要があります。 一方「レバテックキャリア」 などの転職エージェントの場合、エージェントが企業を紹介してくれます。エージェントが間に入ることにより、日程調整や、条件交渉などもサポートしてくれます。

転職ドラフトを活用する

転職ドラフト」は、 企業がITエンジニアをドラフトという形で指名するサービスです。年収が最初に提示されるなどのメリットがあります。 ただ、初回登録時にレジュメ作成が必要で、すでにエンジニア経験が豊富にあるエンジニア向けのサービスかと思います。 レジュメ作成が手間ですが、自身のキャリアを見直す機会になり、他の仕事探しにも役立つはずです。

エンジニア転職保証のあるスクールを活用する

ある程度、開発経験のあるかたであれば、独学で必要なスキルを身につけることができるはずです。ただ、別業種からエンジニアに転職したい場合など、1から独学で学ぶのはハードルが高いです。そういった方は、スクールの活用を検討しても良いと思います。 「TechAcademy」は、エンジニア転職保証コースを提供しています。給付金制度の対象講座として認定されているため、金銭面の負担も抑えることができます。

フリーランスとして活動する

レバテックフリーランス」「ITプロパートナーズ」「ギークスジョブ」は、フリーランスエージェントサービスです。 エージェントによって、支払いサイトなど細かい違いはありますが、まずは良い案件を見つけることが重要です。 登録自体は無料なので、複数エージェントに登録して、より多くの案件を紹介してもらうのがおすすめです。