「本当の送信元」と「メール改ざん対策(SPF, DKIM)」

メール配信システムからのメール送信の場合、「メールクライアントに表示される送信元」と「本当の送信元」は異なることが一般的です。ここでは「本当の送信元の確認方法」と「メール改ざん対策(SPF, DKIM)」について確認します。

本当の送信元

Mac Mailでヘッダ情報を確認

まずはヘッダ情報を確認してみます。Mac Mail の場合、以下のように確認できます。

712-it-mail_mac.png

対象メールを選択した状態で、
[ View > Message > All Headers ]をクリックします。

以下のように、ヘッダ情報が表示されました。

712-it-mail_mac2.png

この中の、Return-Path: に記述されているアドレスが本当の送信元です( エンベロープFrom )。上記ケースではAWSの SES を利用してメール送信しているようです。

バウンスメールは Return-Path: に記述されているアドレス宛てに送られます。

改ざん対策

正しい送信元から送信されていることを確認するための方法として SPFDKIM があります。
これらの設定を導入しておかないと、迷惑メール扱いになってしまうこともあるので忘れずに設定しておきます。

SPF
( Sender Policy Framework )

  • 受信側メールサーバ送信側のDNSサーバのSPF(TXT)レコード を取得
  • 送信元サーバのIPアドレスと一致するか検証するのに利用
  • AWS SES

DKIM
( DomainKeys Identified Mail )

  • 受信側メールサーバ送信側のDNSサーバのDKIM(TXT)レコード に登録された 公開鍵 を取得
  • メールに付けられた 電子署名公開鍵 で検証するのに利用
  • AWS SES
【エンジニア向け】仕事を見つける方法

転職する

転職エージェントを活用する

転職サイトの場合、自身でサイト上から企業を探す必要があります。 一方「レバテックキャリア」 などの転職エージェントの場合、エージェントが企業を紹介してくれます。エージェントが間に入ることにより、日程調整や、条件交渉などもサポートしてくれます。

転職ドラフトを活用する

転職ドラフト」は、 企業がITエンジニアをドラフトという形で指名するサービスです。年収が最初に提示されるなどのメリットがあります。 ただ、初回登録時にレジュメ作成が必要で、すでにエンジニア経験が豊富にあるエンジニア向けのサービスかと思います。 レジュメ作成が手間ですが、自身のキャリアを見直す機会になり、他の仕事探しにも役立つはずです。

エンジニア転職保証のあるスクールを活用する

ある程度、開発経験のあるかたであれば、独学で必要なスキルを身につけることができるはずです。ただ、別業種からエンジニアに転職したい場合など、1から独学で学ぶのはハードルが高いです。そういった方は、スクールの活用を検討しても良いと思います。 「TechAcademy」は、エンジニア転職保証コースを提供しています。給付金制度の対象講座として認定されているため、金銭面の負担も抑えることができます。

フリーランスとして活動する

レバテックフリーランス」「ITプロパートナーズ」「ギークスジョブ」は、フリーランスエージェントサービスです。 エージェントによって、支払いサイトなど細かい違いはありますが、まずは良い案件を見つけることが重要です。 登録自体は無料なので、複数エージェントに登録して、より多くの案件を紹介してもらうのがおすすめです。

logo
わくわくBank.
技術系の記事を中心に、役に立つと思ったこと、整理したい情報などを掲載しています。