命名規則(キャメルケース, パスカルケース, スネークケース, ケバブケース)
最終更新日:

「ファイル名」「クラス名」「変数名」「メソッド名」「DBのテーブル・フィールド名」「HTMLのid・class名」など、様々な場面で命名する必要があります。

このような場面で活用できる命名規則の記法を紹介します。

命名規則

current user item を要素語とした複合語の記法を確認します。

キャメルケース( camelCase )

  • currentUserItem のように書きます。
  • 先頭の要素語( current )は小文字で書き始めます。
  • 先頭以外の要素語( user item )の最初を大文字で書き始めます。
  • ローワーキャメルケースともいいます。

パスカルケース( PascalCase )

  • CurrentUserItem のように書きます。
  • 要素語( current user item )の最初を大文字で書き始めます。
  • アッパーキャメルケースともいいます。

スネークケース( snake_case )

  • current_user_item のように書きます。
  • アンダースコア で要素語( current user item )を連結します。

ケバブケース( kebab-case )

  • current-user-item のように書きます。
  • ハイフン で要素語( current user item )を連結します。

言語ごとの命名規則

ドキュメントとしてまとめられてるケースもありますが、
ドキュメントが存在しない場合、各言語の有名なリポジトリを参考にすると良いです。