Pollyでテキストを音声に変換(SSMLで読み方を制御)

Amazon Pollyは、テキストを音声に変換するサービスです。入力する文字列をSSMLという形式にすると読み上げ方を調整することができます。ここでは、利用頻度の高そうなSSMLのタグについて取り上げます。

Amazon Pollyとは

テキストを音声に変換するサービスです。

下記どちらかの形式で入力して、音声を出力します。

  • プレーンテキスト
  • SSML(Speech Synthesis Markup Language: 音声合成マークアップ言語)

SSMLを利用すると「読み上げ音量・速度の調整」「略語の発音指定」など、読み上げ方の詳細な指定ができます。

798-aws-polly-basic_01.png

SSML

利用頻度の高そうなSSMLのタグについて確認します。

SSMLの基本( <speak>タグ で囲む )

SSMLを利用したい場合、<speak>タグ で文字列を囲む必要があります。

<speak>こんにちは</speak>

一時停止
( <break time="3s"/> )

途中で3秒停止させてみます。

<speak>こんにちは<break time="3s"/>こんにちは</speak>

段落間に一時停止
( <p> )

<speak>
  <p>こんにちは</p> 
  <p>今日はいい天気です</p> 
</speak>

大きくゆっくり発声
( <emphasis level="strong"> )

<speak>
  こんにちは
  <emphasis level="moderate">こんにちは</emphasis>
  <emphasis level="strong">こんにちは</emphasis>
</speak>

音量を制御
( <prosody volume="+10dB"> )

<speak>
  こんにちは
  <prosody volume="soft">こんにちは</prosody>
  <prosody volume="loud">こんにちは</prosody>
  <prosody volume="+10dB">こんにちは</prosody>
</speak>

速度を制御
( <prosody rate="200%"> )

<speak>
  こんにちは
  <prosody rate="slow">こんにちは</prosody>
  <prosody rate="fast">こんにちは</prosody>
  <prosody rate="200%">こんにちは</prosody>
</speak>

別の発音に置き換え
( <sub alias=""> )

以下、CMS ではなく Contents Management System のほうを読み上げます。

<speak>
  <sub alias="Contents Management System">CMS</sub>
</speak>

参考

【エンジニア向け】仕事を見つける方法

転職する

転職エージェントを活用する

転職サイトの場合、自身でサイト上から企業を探す必要があります。 一方「レバテックキャリア」 などの転職エージェントの場合、エージェントが企業を紹介してくれます。エージェントが間に入ることにより、日程調整や、条件交渉などもサポートしてくれます。

転職ドラフトを活用する

転職ドラフト」は、 企業がITエンジニアをドラフトという形で指名するサービスです。年収が最初に提示されるなどのメリットがあります。 ただ、初回登録時にレジュメ作成が必要で、すでにエンジニア経験が豊富にあるエンジニア向けのサービスかと思います。 レジュメ作成が手間ですが、自身のキャリアを見直す機会になり、他の仕事探しにも役立つはずです。

エンジニア転職保証のあるスクールを活用する

ある程度、開発経験のあるかたであれば、独学で必要なスキルを身につけることができるはずです。ただ、別業種からエンジニアに転職したい場合など、1から独学で学ぶのはハードルが高いです。そういった方は、スクールの活用を検討しても良いと思います。 「TechAcademy」は、エンジニア転職保証コースを提供しています。給付金制度の対象講座として認定されているため、金銭面の負担も抑えることができます。

フリーランスとして活動する

レバテックフリーランス」「ITプロパートナーズ」「ギークスジョブ」は、フリーランスエージェントサービスです。 エージェントによって、支払いサイトなど細かい違いはありますが、まずは良い案件を見つけることが重要です。 登録自体は無料なので、複数エージェントに登録して、より多くの案件を紹介してもらうのがおすすめです。

logo
わくわくBank.
技術系の記事を中心に、役に立つと思ったこと、整理したい情報などを掲載しています。