Ubuntuのイメージを利用する

Dockerとは何か?言葉の説明よりも、実際に使ってみると理解が深まります。

ここでは、Docker Hub から Ubuntu 18.04 のイメージを取得して、実際に動かしてみます。

イメージをレジストリから取得

イメージは、 Docker Hub に登録されています。
Ubuntuの公式イメージは、 https://hub.docker.com/r/library/ubuntu/ にて確認できます。

まず、こちらのイメージをローカルに取り込みます。
docker image pull コマンドを利用します。

docker image pull [OPTIONS] NAME[:TAG|@DIGEST]
$ docker image pull ubuntu:18.04
18.04: Pulling from library/ubuntu
124c757242f8: Pull complete 
2ebc019eb4e2: Pull complete 
dac0825f7ffb: Pull complete 
82b0bb65d1bf: Pull complete 
ef3b655c7f88: Pull complete 
Digest: sha256:72f832c6184b55569be1cd9043e4a80055d55873417ea792d989441f207dd2c7
Status: Downloaded newer image for ubuntu:18.04

docker image ls でローカルに取得したイメージを確認できます。

$ docker image ls|grep ubuntu|grep 18.04
ubuntu                                          18.04                      16508e5c265d        5 days ago          84.1MB

コンテナを実行

取得したイメージをもとに、コンテナを実行します。
docker container run コマンドを利用します。

docker container run [OPTIONS] IMAGE [COMMAND] [ARG...]
$ docker container run -it -d --name ubuntu1804 ubuntu:18.04
1f6b6f82ba5e77f4225b22ee5273cad997168fcf09c671ad2ad55577a97536ef

docker container ls で起動中のコンテナを確認できます。

$ docker container ls
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED             STATUS              PORTS               NAMES
1f6b6f82ba5e        ubuntu:18.04        "/bin/bash"         2 minutes ago       Up 2 minutes                            ubuntu1804

コンテナ内のBashを起動

コンテナ内のBashを起動してみます。
コンテナ内でコマンド実行するには、 docker container exec コマンドを利用します。

docker container exec [OPTIONS] CONTAINER COMMAND [ARG...]
$ docker container exec -it ubuntu1804 /bin/bash
root@1f6b6f82ba5e:/# 
root@1f6b6f82ba5e:/# uname -a
Linux 1f6b6f82ba5e 4.9.93-linuxkit-aufs #1 SMP Wed Jun 6 16:55:56 UTC 2018 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
root@1f6b6f82ba5e:/# 
root@1f6b6f82ba5e:/# exit
$ 

コンテナを止める

コンテナを止めるには、docker container stop コマンドを利用します。

docker container stop [OPTIONS] CONTAINER [CONTAINER...]
$ docker container stop ubuntu1804
ubuntu1804
【エンジニア向け】仕事を見つける方法

転職する

転職エージェントを活用する

転職サイトの場合、自身でサイト上から企業を探す必要があります。 一方「レバテックキャリア」 などの転職エージェントの場合、エージェントが企業を紹介してくれます。エージェントが間に入ることにより、日程調整や、条件交渉などもサポートしてくれます。

転職ドラフトを活用する

転職ドラフト」は、 企業がITエンジニアをドラフトという形で指名するサービスです。年収が最初に提示されるなどのメリットがあります。 ただ、初回登録時にレジュメ作成が必要で、すでにエンジニア経験が豊富にあるエンジニア向けのサービスかと思います。 レジュメ作成が手間ですが、自身のキャリアを見直す機会になり、他の仕事探しにも役立つはずです。

エンジニア転職保証のあるスクールを活用する

ある程度、開発経験のあるかたであれば、独学で必要なスキルを身につけることができるはずです。ただ、別業種からエンジニアに転職したい場合など、1から独学で学ぶのはハードルが高いです。そういった方は、スクールの活用を検討しても良いと思います。 「TechAcademy」は、エンジニア転職保証コースを提供しています。給付金制度の対象講座として認定されているため、金銭面の負担も抑えることができます。

フリーランスとして活動する

レバテックフリーランス」「ITプロパートナーズ」「ギークスジョブ」は、フリーランスエージェントサービスです。 エージェントによって、支払いサイトなど細かい違いはありますが、まずは良い案件を見つけることが重要です。 登録自体は無料なので、複数エージェントに登録して、より多くの案件を紹介してもらうのがおすすめです。

logo
わくわくBank.
技術系の記事を中心に、役に立つと思ったこと、整理したい情報などを掲載しています。