mapタグで特定領域にリンクを設定

mapタグを利用することで、画像内の特定領域にリンクを設定することができます。地図画像にリンクを設定するなどの活用ができます。

例に利用する画像

例として次の図の5角形領域にリンクを設定してみます。

maptag.png

座標位置を調べる

まず5角形の頂点座標を調べます。ペイントなどで座標位置を調べることができます。

maptag_paint-285x300.png

座標位置を調べた結果です。

maptag_pos.png

コーディング

次にソースを示します。imgタグの usemap属性 には、mapタグの name属性 で指定した値の先頭に # を付与した値を設定します。

今回は多角形の領域をリンクにするので、areaタグのshape属性poly にします。上記で調べた座標位置は coords属性 で指定します。

<img src="maptag.png" alt="サンプル" width="172" height="145" usemap="#sample" />
<map name="sample">
  <area href=# shape="poly" alt="5角形" coords="109,28,157,52,139,94,76,95,59,52">
</map> 

動作確認

5角形の上にマウスを移動してみてください。

maptag.png 5角形

1つの画像内に複数のリンクを設定する場合は、リンク数分だけareaタグを設定します。

【エンジニア向け】仕事を見つける方法

転職する

転職エージェントを活用する

転職サイトの場合、自身でサイト上から企業を探す必要があります。 一方「レバテックキャリア」 などの転職エージェントの場合、エージェントが企業を紹介してくれます。エージェントが間に入ることにより、日程調整や、条件交渉などもサポートしてくれます。

転職ドラフトを活用する

転職ドラフト」は、 企業がITエンジニアをドラフトという形で指名するサービスです。年収が最初に提示されるなどのメリットがあります。 ただ、初回登録時にレジュメ作成が必要で、すでにエンジニア経験が豊富にあるエンジニア向けのサービスかと思います。 レジュメ作成が手間ですが、自身のキャリアを見直す機会になり、他の仕事探しにも役立つはずです。

エンジニア転職保証のあるスクールを活用する

ある程度、開発経験のあるかたであれば、独学で必要なスキルを身につけることができるはずです。ただ、別業種からエンジニアに転職したい場合など、1から独学で学ぶのはハードルが高いです。そういった方は、スクールの活用を検討しても良いと思います。 「TechAcademy」は、エンジニア転職保証コースを提供しています。給付金制度の対象講座として認定されているため、金銭面の負担も抑えることができます。

フリーランスとして活動する

レバテックフリーランス」「ITプロパートナーズ」「ギークスジョブ」は、フリーランスエージェントサービスです。 エージェントによって、支払いサイトなど細かい違いはありますが、まずは良い案件を見つけることが重要です。 登録自体は無料なので、複数エージェントに登録して、より多くの案件を紹介してもらうのがおすすめです。