テストで使うダミー画像ファイル生成方法

アプリのテストなどで、サイズ指定、容量指定したダミー画像が必要なときがあります。ここでは、Mac上でダミー画像ファイルを作成する方法を紹介します。

縦横サイズ指定した画像を取得

下記サイトで縦横サイズを指定した画像を取得できます。
https://placehold.jp/

今回は[300px × 300px]の画像を取得しました。

$ ls -lh
total 8
-rw-r--r--@ 1 xxxx  xxxx   2.0K  12 14 23:15 300x300.png

画像の容量を調整

画像のメタデータに情報を付与することで、画像ファイルの容量を増やします。

指定容量のファイルを作成

今回は、10MBのファイルを作成してみます。

$ dd if=/dev/zero of=dummy10MB.file bs=$(expr 1024 \* 1024)  count=10
10+0 records in
10+0 records out
10485760 bytes transferred in 0.089249 secs (117488647 bytes/sec)
$
$ ls -lh
total 20488
-rw-r--r--@ 1 xxxx  xxxx   2.0K  12 14 23:15 300x300.png
-rw-r--r--  1 xxxx  xxxx    10M  12 15 00:02 dummy10MB.file

画像ファイルのメタデータに情報付与

exiftoolを利用して、メタデータに情報を付与します。
下記コマンドでインストールしておいて下さい。

$ brew install exiftool

画像ファイルにメタデータを付与します。

$ exiftool 300x300.png -comment\<=dummy10MB.file
    1 image files updated

10MBの画像ファイルができました。

$ ls -lh
total 40976
-rw-r--r--  1 xxxx  xxxx    10M  12 15 00:24 300x300.png
-rw-r--r--@ 1 xxxx  xxxx   2.0K  12 14 23:15 300x300.png_original
-rw-r--r--  1 xxxx  xxxx    10M  12 15 00:02 dummy10MB.file