Homebrewでパッケージ管理
最終更新日:

Homebrewは、yumやapt-getといったパッケージ管理ツールの1つです。コマンドを使ってアプリのダウンロードとインストールができます。

インストール

Homebrewをインストールします。

http://brew.sh/index_ja.html に記述されているインストールコマンドを実行します。

$ /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

上記コマンドを実行すると、最後のほうに以下出力が表示されました。

==> Next steps:
- Run these two commands in your terminal to add Homebrew to your PATH:
    echo 'eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"' >> /Users/xxx/.zprofile
    eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"
- Run brew help to get started
- Further documentation:
    https://docs.brew.sh

出力結果の通り、以下2コマンドを実行することでbrewコマンドを利用できるようになりました。

    echo 'eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"' >> /Users/xxx/.zprofile
    eval "$(/opt/homebrew/bin/brew shellenv)"
$ brew help
Example usage:
  brew search TEXT|/REGEX/
  brew info [FORMULA|CASK...]
  brew install FORMULA|CASK...
  brew update
  brew upgrade [FORMULA|CASK...]
  brew uninstall FORMULA|CASK...
  brew list [FORMULA|CASK...]

Troubleshooting:
  brew config
  brew doctor
  brew install --verbose --debug FORMULA|CASK

Contributing:
  brew create URL [--no-fetch]
  brew edit [FORMULA|CASK...]

Further help:
  brew commands
  brew help [COMMAND]
  man brew
  https://docs.brew.sh

Homebrewの使い方

コマンド 概要
brew -v バージョン確認
brew search パッケージ名 パッケージを検索
brew install パッケージ名 パッケージをインストール
brew uninstall パッケージ名 パッケージをアンインストール
brew info パッケージ名 パッケージ情報を確認
brew upgrade パッケージ名 インストール済みパッケージを更新
brew list インストール済みのパッケージ一覧を表示
brew update パッケージ情報を最新にする
brew doctor Homebrewに問題がないかチェック

brew install では、gitwgetなどエンジニア向けのソフトをダウンロードでき、
brew install --cask では、google-chromeskitchなどのソフトがダウンロードできます。

利用例

brew install direnv
brew install jq
brew install nkf
brew install wget
brew install tree
brew install peco

# zsh
brew install zsh-autosuggestions
brew install zsh-syntax-highlighting

# git
brew install ghq
brew install hub

# python
brew install pyenv
brew install pipenv

# node
brew install nodenv

# aws
brew install awscli

# plantuml
brew install libtool
brew install graphviz
# コーディング
brew install --cask visual-studio-code
brew install --cask android-studio
brew install --cask webstorm
brew install --cask pycharm
brew install --cask goland

# 開発
brew install --cask docker
brew install --cask sequel-ace
brew install --cask mysqlworkbench
brew install --cask postman
brew install --cask figma
brew install --cask drawio
brew install --cask cyberduck

# コミュニケーション
brew install --cask slack
brew install --cask discord
brew install --cask zoom

# その他
brew install --cask google-chrome
brew install --cask kindle
brew install --cask spotify
brew install --cask canva
brew install --cask skitch
brew install --cask deepl
brew install --cask clipy
brew install --cask 1password
brew install --cask dropbox
brew install --cask flux
【エンジニア向け】仕事を見つける方法

転職する

転職エージェントを活用する

転職サイトの場合、自身でサイト上から企業を探す必要があります。 一方「レバテックキャリア」 などの転職エージェントの場合、エージェントが企業を紹介してくれます。エージェントが間に入ることにより、日程調整や、条件交渉などもサポートしてくれます。

転職ドラフトを活用する

転職ドラフト」は、 企業がITエンジニアをドラフトという形で指名するサービスです。年収が最初に提示されるなどのメリットがあります。 ただ、初回登録時にレジュメ作成が必要で、すでにエンジニア経験が豊富にあるエンジニア向けのサービスかと思います。 レジュメ作成が手間ですが、自身のキャリアを見直す機会になり、他の仕事探しにも役立つはずです。

エンジニア転職保証のあるスクールを活用する

ある程度、開発経験のあるかたであれば、独学で必要なスキルを身につけることができるはずです。ただ、別業種からエンジニアに転職したい場合など、1から独学で学ぶのはハードルが高いです。そういった方は、スクールの活用を検討しても良いと思います。 「TechAcademy」は、エンジニア転職保証コースを提供しています。給付金制度の対象講座として認定されているため、金銭面の負担も抑えることができます。

フリーランスとして活動する

レバテックフリーランス」「ITプロパートナーズ」「ギークスジョブ」は、フリーランスエージェントサービスです。 エージェントによって、支払いサイトなど細かい違いはありますが、まずは良い案件を見つけることが重要です。 登録自体は無料なので、複数エージェントに登録して、より多くの案件を紹介してもらうのがおすすめです。