サイズ変更に役立つ機能(Auto Layout, Constraints)

デザインツールであるFigmaを利用する上で、レスポンシブなデザインを作成するのに役立つ機能を紹介します。「Auto Layout」「Constraints」の機能を活用すると、デザインのサイズ変更が必要となったとき、手軽に調整できるようになります。

Auto Layout

テキスト長に応じて自動サイズ変更

750-figma-auto-layout-constraints_01.gif

Auto Layoutを利用しない場合、テキスト長を変更すると、ボタンのサイズも別途変更する必要があります。

750-figma-auto-layout-constraints_02.gif

shift + AでAuto Layoutにすることができます。

Auto Layoutにするとテキスト長に合わせて自動でサイズ変更してくれます。

750-figma-auto-layout-constraints_03.gif

Textのサイズ変更プロパティを調整することで、自動サイズ変更のされかたを調整できます。

リスト構造の自動調整

750-figma-auto-layout-constraints_10.gif

3つのボタンを選択した状態で shift + Aを押しAuto Layoutにしています。

750-figma-auto-layout-constraints_11.gif

動作をわかりやすくするため背景色を入れています。

水平方向のpadding、垂直方向のpadding、要素間のpaddingを調整できます。

750-figma-auto-layout-constraints_12.gif

Auto Layoutにすることで、要素の追加削除に応じて、自動でサイズ調整されます。

参考

Constraints

Constraintsを利用すると、Frameのサイズを変更するとき、Frame内のオブジェクトも合わせて意図通りに変更させることができます。

Constraintsは、Frame内のオブジェクトに適用します。水平方向の適用例を確認します。

水平方向 > Left

750-figma-auto-layout-constraints_20_left_01.png

水平方向の設定をLeftにしています。

750-figma-auto-layout-constraints_20_left_02.gif

左の位置をキープしています。

水平方向 > Center

750-figma-auto-layout-constraints_21_center_01.png

水平方向の設定をCenterにしています。

750-figma-auto-layout-constraints_21_center_02.gif

水平方向中心の位置をキープしています。

水平方向 > Left & Right
(両端の位置をキープ)

750-figma-auto-layout-constraints_22_left-right_01.png

水平方向の設定をLeft & Rightにしています。

750-figma-auto-layout-constraints_22_left-right_02.gif

両端の位置をキープしています。

水平方向 > Scale
(親Frameとの比率をキープ)

750-figma-auto-layout-constraints_23_scale_01.png

水平方向の設定をScaleにしています。

750-figma-auto-layout-constraints_23_scale_02.gif

親Frameとの比率をキープしています。

参考