文章構造化タグ(article, section, aside, nav)

article, section, aside, navなど文章の構造を強化するためのタグが存在します。ここでは簡単な利用例を紹介します。

セクション関連のタグ

文章のかたまりを意味づけるために、以下のタグを利用できます。

タグ 概要
article 独立したコンテンツ。
section 章分けなどで利用。
タイトルと内容で構成される1つのまとまり。
内部に 見出し(Hタグ) を含むことが推奨されている。
aside 関連リンクなどの補足情報。
nav ナビゲーション。

ページ構造化タグ

HTML5では、headerタグfooterタグなどが追加されています。HTML5以前で、<div id="header">としていた箇所が、<header>に置き換えられるイメージです。

タグ 概要
main ページ内のメインコンテンツとなるセクションへ使用。
1ページ内に1つのみ使用。
article, aside, footer, header, navの中には入れてはいけない。
header ヘッダー。
footer フッター。

利用例

<body>
<div id="wrapper">

  <!-- ヘッダー -->
  <header id="header">
    <div class="container">
      <h1 class="site-title"><a><img src=""></a></h1>
      <p class="site-description"></p>
      <dl id="site-info">
        <dt></dt>
        <dd></dd>
      </dl>
    </div>
  </header>

  <!-- グローバルナビゲーション -->
  <nav id="gnav">
    <div class="container">
      <ul>
        <li id="menu-item-1"><a>ホーム</a></li>
        <li id="menu-item-2"><a></a></li>
      </ul>
    </div>
  </nav>

  <!-- パンくずナビゲーション -->
  <nav id="breadcrumb">
    <div class="container">
      <ul>
        <li><a>ホーム</a></li>
        <li><a></a></li>
      </ul>
    </div>
  </nav>

  <div class="wrapper">
    <!-- メイン -->
    <main>
      <h1>コンテンツの見出し</h1>

      <article>
        <section>
          <h1></h1>
          <section>
            <h2></h2>
          </section>

          <section>
            <h2></h2>
          </section>

          <section>
            <h2></h2>
          </section>

          <aside></aside>
        </section>
      </article>
    </main>

    <!-- サイドバー -->
    <aside class="sidebar">
    </aside>

    <p id="pagetop"><a></a></p>
  </div>

  <!-- フッター -->
  <footer id="footer">
    <div class="container">
      <p id="copyright">
        <small>Copyright (c) XXXXX All Rights Reserved.</small>
      </p>
    </div>
  </footer>
</div>
</body>
【エンジニア向け】仕事を見つける方法

転職する

転職エージェントを活用する

転職サイトの場合、自身でサイト上から企業を探す必要があります。 一方「レバテックキャリア」 などの転職エージェントの場合、エージェントが企業を紹介してくれます。エージェントが間に入ることにより、日程調整や、条件交渉などもサポートしてくれます。

転職ドラフトを活用する

転職ドラフト」は、 企業がITエンジニアをドラフトという形で指名するサービスです。年収が最初に提示されるなどのメリットがあります。 ただ、初回登録時にレジュメ作成が必要で、すでにエンジニア経験が豊富にあるエンジニア向けのサービスかと思います。 レジュメ作成が手間ですが、自身のキャリアを見直す機会になり、他の仕事探しにも役立つはずです。

エンジニア転職保証のあるスクールを活用する

ある程度、開発経験のあるかたであれば、独学で必要なスキルを身につけることができるはずです。ただ、別業種からエンジニアに転職したい場合など、1から独学で学ぶのはハードルが高いです。そういった方は、スクールの活用を検討しても良いと思います。 「TechAcademy」は、エンジニア転職保証コースを提供しています。給付金制度の対象講座として認定されているため、金銭面の負担も抑えることができます。

フリーランスとして活動する

レバテックフリーランス」「ITプロパートナーズ」「ギークスジョブ」は、フリーランスエージェントサービスです。 エージェントによって、支払いサイトなど細かい違いはありますが、まずは良い案件を見つけることが重要です。 登録自体は無料なので、複数エージェントに登録して、より多くの案件を紹介してもらうのがおすすめです。