transformで要素を変形(回転, 拡大縮小, 移動)

transformプロパティを利用して、要素を「回転(rotate)」「拡大縮小(scale)」「移動(translate)」する方法を解説します。CODEPENのサンプルソースを編集して動作確認すると理解が深まります。

rotate()|回転

rotate関数を利用して、要素を回転させることができます。

/* 45度回転 */
transform: rotate(0.125turn);

/* 90度回転 */
transform: rotate(0.25turn);

/* 180度回転 */
transform: rotate(0.5turn);

/* 360度回転 */
transform: rotate(1turn);

scale()|拡大縮小

scale関数を利用して、要素を拡大縮小させることができます。

/* x軸方向 2倍に拡張 */
transform: scale(2, 1);

/* Y軸方向 半分に縮小 */
transform: scale(1, 0.5);

/* 2倍表示 */
transform: scale(2, 2);

translate()|移動

translate関数を利用して、要素を移動させることができます。

/* x軸方向 20px移動 */
transform: translate(50px, 0);

/* Y軸方向 20px移動 */
transform: translate(0, 50px);

/* X軸方向 20px移動 Y軸方向 20px移動 */
transform: translate(50px, 50px);

参考

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/CSS/transform